instagram

カリフォルニアワインの礎を築いた薩摩武士「バロン・ナガサワ」〜 ワイン試飲付きトークイベント〜

本イベントはコロナウイルスの影響により中止となりました。
楽しみにしてくださっていた方には申し訳ございません。


ワイン試飲付きトークイベントのお申込みはこちら>>

豊かな自然に囲まれ、東シナ海に面した港街、鹿児島県いちき串木野市は、「さつま揚げ」発祥の地であり、県内2位の芋焼酎の蔵元数を誇る「食の街」でもあります。この街の歴史を紐解いていくと、カリフォルニアワインとの意外な繋がりが見えてきます。

150年ほどさかのぼること江戸時代末期、この地からイギリスへと留学したサムライのなかに、後年カリフォルニアワインの名を世界に轟かせ“ワイン王”として讃えられた若き長澤鼎(ながさわ かなえ)の姿がありました。

ひとりのサムライの数奇な運命と、カリフォルニアワインづくりの過去と現在を巡るべく、ワインの試飲付きトークイベントを開催いたします。

【開催概要】※3月26日より日程変更いたしました。
開催日時:2020年3月28日(土)17:00〜18:30
※イベント、質疑応答、試飲・試食を含む。
※施設の都合により変更の可能性がございます。
場所:ROUTE CAFE AND THINGSイベントスペース
参加費:2000円(税込)※ドリンク・おつまみ付
定員:25名
登壇者:岡田カーヤ(編集・ライター)、奥ノ園陽介(いちき串木野市観光交流課)

●岡田カーヤ Profile
ライター、編集者、たまに音楽家。旅と日常の間で、人の営み、土地に根ざした食や音楽などの編集・執筆を行う。ANA機内誌『翼の王国』で、カリフォルニアのワイナリーを訪ね歩く「ワイン・カリフォルニア」を連載しているほか、『ソトコト』『TRANSIT』『dancyu』などで活躍。2005年リスボン大学に留学。バンド「Double Famous」ではサックスとフルートを担当。ワインとスープを飲み歩くのが好き。

【ワインについて】
長澤に縁のあるパラダイス・リッジのワインをはじめ、トーク内容に紐づいたワイン数種をご用意致します。
※数に限りがございます。
※ラインナップ変更の可能性もございます。

●Paradise Ridge “Kanaye The Grape King” Chardonnay
かつて長澤がブドウを育て、ワインを造ったロシアン・リヴァー・ヴァレーの畑から生まれるブドウを使い、豊かな果実味と樽の風味を持ちながら、冷涼な気候がもたらす酸味の効いたバランスの良いスタイルが特徴。

●Six Cloves Sonoma Coast Pinot Noir
強い海風が吹き抜けるペタルマ・ギャップ。2017年サブAVAに認定されたこのエリアに位置する複数のブドウ農家と契約。冷涼さと豊かさ、力強さと繊細さ併せ持つバランスの良い、まさに手造りのピノ・ノワール。日本人女性醸造家が表現するカリフォルニアのエレガンス。生産量は130ケース。

●Rochioli Estate Russian River Valley Sauvignon Blanc
約半分のブドウは1959年に植えられたオリジナルの畑から、その他は自社畑の比較的古い樹齢の畑から集められたブドウをブレンド。レモンやヴェルヴェーヌ、白いももやハーブの香りが心地よい、ファンの間で長年人気の白。

お申込み・詳細はこちら>>

TOP